カリフォルニア州で公式認可・登録されているスピリチュアルスクール ワンネスインスティテュート[東京・千葉] Spiritual School officially chartered and registered in California, US
画像代替
           
  ワンネスインスティテュートについて      
スクール・ミニストリー概要
線
ミッションと活動品目
線
すべての活動の基礎にある意識
線
講師REMIのプロフィール
線
講師REMIの道のり
線
米国UCCスクール・オブ・スピリチュアリズム
線
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


講師プロフィール
REMI
Rev
.REMI KANAI(レミ)  
ユニヴァーサル・クライスト・チャーチ スクール・オブ・スピリチュアリズム後援 
カリフォルニア州認可登録スピリチュアルスクール
ワンネス インスティテュート校長・講師
※Rev.は"Reverend(レヴェレンド)"「師」という意味の教師・聖職者の呼称の略称


ワンネスインスティテュート校長・教師のReverend. REMI KANAI は
ミニスター課程を修了し、カリフォルニア州において
スピリチュアル教師・スクール校長・聖職者として認可登録されています。

区切り線
幼稚園の帰りにはじめて霊的なビジョンを体験。
1995年、旅行で訪れた英国での神秘体験をきっかけに、霊的な体験、メッセージ、ビジョンや気づきを頻繁に受け取るようになる。あやうく大事故になるところを二度’声’に助けられたり、突然流れ入ってくるメッセージやビジョンなどの霊的体験が重なり、自分の認識をはるかに超えた世界、見えている世界の背後にある理(ことわり)を意識するようになる。それらの体験から、エッセイを小冊子にまとめ写真の展示を行う。

大学卒業後、数社勤務ののち、1999年から2000年にかけてイギリスへ語学留学。1年コースを修了後、ヨーロッパ諸国を三か月に渡り旅行する。旅行で最初に訪れたフィンランドに滞在中、夏至祭に友人と入った湖が原因で、急性の病気で救急車に運ばれ入院、記憶障害、臨死体験を経験する。その後ヘルシンキの友人宅で1週間ほど静養・回復したあと、11カ国 (フィンランドの後、スウェーデン-チェコ共和国-ハンガリー-オーストリア-イタリア-スイス-フランス-ベルギー-オランダ-ドイツ-イギリス)の旅を続け、多くの不思議な体験や気づきを重ねる。帰国後に就職、仕事をしながら銀座のギャラリースペースでヨーロッパで撮りためた写真と見聞録・エッセイの展示を行う(2002年)。

2003年夏、体調を崩したことをきっかけに、真に自分らしい人生を歩んでよい時期であると気づい退職。薬の副作用が強く、そのままでは根本的な治癒に至らないと気づき、食餌療法、アロマセラピー、色、ハーブ、フラワーエッセンスなどを、直感的に取り入れながら独学で自分を癒す。仕事を再開しながら、色彩療法、バイブレーショナルメディスン(波動療法)、スピリチュアルヒーリングへと理解を深め、ある日思いたって瞑想をはじめたところ、ストレスや疲れが完全に消え、森林浴後のようなリフレッシュ感と忘我の心地よさに感動する。それ以来毎日瞑想を実践するようになる。

瞑想を実践し始めて数か月経った2004年秋、英国人のヒーラー・ミディアム・霊的教師のマーガレット・ロジャース・ヴァンクープス博士に出会い、生来のカウンセリング、ヒーリング、リーディング、ライティング、ティーチング能力を思い出し、ワンネスのスピリットの世界のメッセージやスピリチュアル意識をシェアし、教えていくようガイダンスを受ける。(Dr.マーガレットはそれに先立つ数年前に、教師としてトレーニングすることになる旨をスピリットガイドより知らされていたとのこと)それ以降、主にマーガレット博士よりカウンセラー、セラピスト、サイキックリーダーのトレーニングを受けながら、スピリットガイドからも直接指導を受け、さまざまな次元を縦横無尽に旅し、数多くの霊的体験、深い気づきと研鑽、実践を積み重ねる。

2005年より会社勤めと並行して個人セッション、2006年より瞑想会や勉強会、ワークショップなどを毎月定期的に開催し、多くの実践経験を積む。2007年2月から5月仕事でカリフォルニア州シャスタに滞在する縁を得てシャスタでもさまざまな霊的体験を重ね、現地の人に個人セッションも行う。帰国後、7月に退職し、8月よりミニスター課程プログラム(このページ下に紹介)にて研究レポートをまとめ始める。

2008年9月、マーガレット博士が教育担当・理事を務める米国ユニヴァーサル・クライスト・チャーチ(UCC) スピリチュアリズム・スクールより、日本での初めて(現在は唯一)のミニスタープラクティショナー(ティーチャーの資格)の認定を受け、またUCCエクゼクティブ3名の推薦を受けてワンネス コンシャスネス アンド ヒーリング インスティテュートとして公式にスクール認可を受ける(アメリカ・カリフォルニア州登録)。

oyako2009年5月より「年間プログラム(認定ヒーラー・カウンセラーになるために年間を通して学ぶコース)」をスタートし認定セラピスト・カウンセラー養成に本格的に着手。
2010年1月1日に娘を出産し、産休ののち、4月から年間プログラムを再開。
2011年夏、休暇で滞在したスイスで、スピリットガイドのメッセージをスイスの人たちを対象に行う。滞在の終わりの週には、10代から70代まで、さまざまな年齢層のクライアントが毎日プライベートセッションに訪れた。日本在住の外国人クライアントへの個人セッションも主に紹介により行う。

2012年春分には都内で「あなたのオーラを輝かせるスピリチュアルな休日」イベントを10人のセラピストたちと開催し好評を博す。同年4月よりスピリチュアル誌「トリニティ」ウェブサイト上で、記事執筆開始、映画レビュー執筆、「運命向上委員会」にてゲスト回答者。
2013年夏にはフィンランドに招かれ、当地でデモンストレーション、養成講座や個人セッションを行い、好評を博す。翌年2014年夏には2つの養成講座、個人セッションをフィンランドで開催。2015年1月はスイスでチャネリング・サイキックデモンストレーションのイベントを数か所で行い、個人セッション、入門講座を開催。

海外のプロフェッショナル サイキック、ミディアム、ティーチャーからは、悟りと慈愛の霊的教師、マスターティーチャー、大天使の領域など評されてきたが、普通の感覚を普通に保ち、地に足をつけたスピリチュアリティ、ワンネスと深くつながった生き方とレクチャーが特徴。

生来の直感的理解力、サイキック能力、ヒーリング、チャネリングスキルのほか、大中小企業での国内/海外顧客対応、CS、教育関連部署での職務経験などから幅広い年齢層・理解度に合わせて自然に対処できるコミュニケーションスキルやコンサルテーション、ティーチング・コーチングスキル、問題解決スキルに定評がある。国内外クライアントへの個人セッション、国内セラピスト・カウンセラーの養成・認定コースを開催している。


 


区切り線

マーガレット博士・REMI主にマーガレット・ロジャース・ヴァンクープス博士よりトレーニングを受けています。その他さまざまなコースを受講し研鑽を積んでいます。

右:マーガレット・ロジャース・ヴァンクープス博士
(Dr. Margaret Rogers Van Coops PhD., DCH(IM)

米国ユニヴァーサル・クライスト・チャーチ(UCC)スクール・オブ・スピリチュアリズム 叙任牧師/教育理事
UCC公認 スマリス・センター 設立者・会長
※英国で設立されたスマリスセンターは現在アメリカにあり、30年以上にわたりヒーリングスキル、サイキックセンスやチャネリング、スピリチュアリティなどさまざまなトレーニングを行っており、海外や日本でカウンセラーやセラピストを養成しています。

左:REMI
KANAI
Rev. Remi KANAI (Charter No.611792),
Principal of Oneness Consciousness and Healing Institute, Charter No.72
Officially Chartered By UNIVERSAL CHRIST CHURCH School of Spiritualism California, USA


米国カリフォルニア州登録 ユニヴァーサル・クライスト・チャーチ スクール・オブ・スピリチュアリズム(UCC) 
公認・認定ミニスター・プラクティショナー(スピリチュアリスト教師・講師・聖職者)
ワンネス コンシャスネス アンド ヒーリング インスティテュート スクール校長・教師
 
区切り線
資格認定 
米ユニヴァーサル・クライスト・チャーチ認可 カリフォルニア州登録 スクールプリンシパル(校長)
米ユニヴァーサル・クライスト・チャーチ公認 ミニスター・プラクティショナー(講師・ミニスターコース修了)
(現在日本では唯一ワンネス インスティテュートが、コース教授ののち国際修了証/認定証を発行する資格を認可されています)

米スマリス・エデュケーション・センター認定 ワンネスカウンセラー
米スマリス・エデュケーション・センター認定 マスターサイキックティーチャー ディプロマ
米スマリス・エデュケーション・センター認定 メタフィジオセラピスト レベルT〜V 特優認定  
米スマリス・エデュケーション・センター認定 パワーストーンセラピスト レベルT〜V
米認定 アドバンスヒプノセラピスト、過去世療法セラピスト
ケンブリッジ検定 C.A.E.
区切り線
その他受講
ヒプノセラピーアドバンス(リチャード・ニーブス博士)
エリクソニアンヒプノセラピー(マイケル・ヤプコー博士)
前世療法アドバンス(トリシア・カエタノ女史)
チャネリング(マーガレット・ロジャース・ヴァン・クープス博士)
ペットヒーリング(マーガレット・ロジャース・ヴァン・クープス博士)
クンルン・ネイゴン(マックス・クリスチャンセン師)
マントラ・ムドラ(マックス・クリスチャンセン師)
ハトホル・マグダラのマリア(トム・ケニオン氏)
リコネクティブヒーリング プラクティショナー (エリック・パール博士)
そのほか専門家による講座や勉強会などに参加
区切り線

 

ミニスター(教師)課程の紹介

カリフォルニア州登録スピリチュアル教師・スクール校長・聖職者として
認定されるためのUCCによる学習課程


Universal Christ Church
ユニヴァーサル・クライスト・チャーチ スクール・オブ・スピリチュアリズム



PRELIMINARY
EVALUATION
(Not part of the course)
       準備過程

生徒は必須とされる学習を終え、レジュメを提出します。

UCCがこれまでのトレーニングに対してクレジットを与える場合があります。
UCCがこれまでの資格などに対し評価をします。
1年コースはミニスタープラクティショナーになるためのトレーニングと資格を提供します。
プラクティショナーは癒し、カウンセリングし、スピリチュアル・メタフィジカルな教えと実践をもって他者を援助します。
この準備段階は、ミニスター(教師)としての資格を与えるものではありません。

※REMIは準備過程として UCC教育理事であり、米スマリスセンターを運営する
Dr.マーガレット・ロジャース・ヴァンクープスの提供する講座を全課程修了しています。

米スマリス・エデュケーション・センター認定 ワンネスカウンセラー
米スマリス・エデュケーション・センター認定 マスターサイキックティーチャー ディプロマ
米スマリス・エデュケーション・センター認定 メタフィジオセラピスト レベルT〜V 特優認定  
米スマリス・エデュケーション・センター認定 パワーストーンセラピスト レベルT〜V 
米スマリス・エディケーション・センター チャネリング、ペットヒーリング、ほか
他、主に海外講師によるさまざまなトレーニングや内外の勉強会に参加し、研鑽を積んでいます。

下記より始まる1〜2年のミニスターコースに専念し、課程を修了しています。


ONE-YEAR COURSE: 
THE FIRST YEAR
1ST QUARTER
Introductory
Training
    1年目・1学期入門

1年コースの1学期

Introductory Training 入門トレーニング

UCCのスピリチュアリストチャーチとしての原則と実践。理念と定款。
続いて、宝瓶宮福音書(レヴィ)と聖書、その他関連の書籍群を読み、スピリチュアリストになる興味と発展を刺激する。これより、スピリチュアリストとして、生徒はサイキックセンスについて学び、センスを使い、現代のメタフィジカルな実践と統合してセンスを使うことを奨励される。

HISTORICAL PERSPECTIVE 歴史的展望

● スピリチュアリズムの歴史と発展
● 開拓者たち-世界のスピリチュアリスト
● 比較宗教
● 伝統的クリスチャニティと、宝瓶宮福音書(レヴィ著)
● 神という存在の本質
● UCCの誕生と創立者たち
● ディスカッション
● 筆記試験 < エッセイ提出、なぜミニスタープラクティショナーになりたいのか>

課題図書・テキスト
UCCテキスト、新旧聖書、宝瓶宮福音書、奇跡のコース、ニールドナルドウォルシュの著作、カリル・ギブランの著作、そのほかマーガレット・ロジャース・ヴァンクープスを含むニューエイジの書籍

 

2nd QUARTER
(Part One)
PSYCHIC DEVELOPMENT 
   サイキック能力開発

PSYCHIC DEVELOPMENT サイキック能力開発

5つのサイキックセンスによって強化された、五感の実際的使用。
サイキックツールと、肉体的・感情的・霊的な害からの防御。経験を得るために瞑想を活用する。
インストラクターのスピリチュアルまたは哲学的方向付けによって、それぞれの教示内容は異なる。

クレアボヤンス透視-視覚と洞察のサイキックセンス
● スピリットのイメージと脳をつなげる
● シンボルの解釈
● ビジョンとテレパシックなビジュアルコミュニケーション。エーテリアライゼーション。
● 調和と不調和 -愛と憎しみ
● ポジティブな知覚

クレアオーディエンス-聴覚とコミュニケーションのサイキックセンス
● 3つの聴き方:外部・内部・テレパシックに聴く
● 正確に聞き、誠実に解釈する
● コミュニケーションのすべきこととしてはいけないこと
● 自身のスピリットと真実の声を聴く
● 細胞レベルでの音とそのバイブレーション

サイコメトリー超感覚-触覚と内的フィーリングのサイキックセンス
● 「神」とは何か、スピリットガイド、地球と人類について理解し、つながりの感覚を得る
● 無条件の愛と、他者を助けるために、それを物理的に祈り、コンタクト、カウンセリングを通して使用する方法
● 実際のカウンセリングとヒーリングにおける理論と探究
● 細胞レベルに刷り込まれた個人の歴史

クレアセンティエンス-(嗅覚と味覚の統合されたサイキックセンス)
● 嗅覚と味覚を正しく使う
● 記録された細胞記憶と知覚方法
● 象徴的洞察
● 肉体的な害からの防御

参考図書:ワンネスへの道などDr.マーガレット・ロジャース・ヴァンクープスによる著作、その他
実際のコース受講のうえで試験を受ける。
他所での実践については修了証などの証明を必要とする。 

2nd QUARTER
(Part Two)

METAPHYSICAL DEVELOPMENT
     形而上学的発展

METAPHYSICAL DEVELOPMENT  形而上学的発展

● トランス、インスパイアドチャネリング
● チャネリングとミディアムシップ
● チャネリング、ライティング、クリエイティブスキル、トランスの理論
● レスキューワーク
● 地縛霊とスピリチュアルクレンジング
● サイキックスキルを使ったカウンセリングの正しい方法・間違った方法
● 基礎的な心理学と、感情的または知性的なタイプ
● 過去生
● 前世療法とその適用
● オーラ
● 5つの精妙体とそのエネルギー
● 見えるもの、見えないもの?オーラをリーディングする
● 科学的で戦術的なメソッド
● 占星術、筆跡学、数秘学
● 催眠と変化を起こす力
● ツール
● タロット、ストーン、クリスタル
● カウンセリング
● 実際の応用と発展のサポート
● サイキックツールや素材の実際の適用
● 筆記テスト
● ワークショップ・カンファレンス:ヒーリングとカウンセリングの実践的適用

参考図書・テキスト 上記テーマの関連専門書、実践占星術、筆跡学、数秘学の書籍

3rd QUARTER
Spiritual Develpment
   スピリチュアルな発展



SPIRITUAL DEVELOPMENT スピリチュアルな発展

ミディアムシップとヒーリングにサイキックセンスを使用する。

● 三位一体
● 闇と光のエネルギーの理解とバランスの自然法
● 恐れ、痛み、怒り、罪悪感を乗り越え、スピリットガイドや神とつながる
● スピリチュアルツールとしての瞑想
● サイキックスキルを開発させる中級・上級のワークショップとパフォーマンス
● ハンドヒーリング
● 祈りとマントラの使用
● マインド・ボディ・スピリットの調和
● 自身とスピリットを信頼し、公共の場でリードし、パフォーマンスを実践
● ワークショップ/カンファレンスを行う。実際的なコースを開催。指定されたガイドラインで。
● 試験
● クラスでデモンストレーションとパフォーマンスを行う

参考図書:ワンネスへの道、リジェクション・シンドローム、
奇跡のコース、50のパワフルスピリチュアルメディテーション他

4TH QUARTER
Professional Development
   プロフェッショナルへ

PROFESSIONAL DEVELOPMENT プロフェッショナルディベロップメント

● 正しい信用証明とともにビジネスを確立する
● パブリックスピーキングと、スキル・才能の開示
● プロフェッショナルになりクライアントをとる
● チャーチの定款、アメリカの法律と実践
● 理念に従う
● ポジティブな未来を描く
● テキスト
● どのように本を書くか
● 最終試験
● これまでの全課程で学んだマテリアルについての筆記と口頭試験。

 

スクールチャーター証


認定ミニスター・プラクティショナーは
このコース修了にて授与される。

-ワンネスインスティテュートより付記-
上記コース修了ののち、
カリフォルニア州に籍をおくUniversal Christ Church, School of Spiritualism より、Reverend, Minister Practitioner としての資格が授与されます。

自身のスクール名を決定し、UCCコミッティーのプレジデント・理事など3名より信任を得てUCC後援により、Schoolとしての資格・籍が授与され、正式に認可登録されます。

左はワンネスインスティテュートのチャーター証


THE SECOND YEAR

2年目のコース(叙任牧師)

二年目のコースは、1年目を修了後の継続コースとなる。他所で同等のコースを修了した場合は、一年目コースの最終試験を通して合格不合格を決定する。

2年目は洗礼や結婚などの儀式を行う叙任牧師(アメリカにおける)を目指すミニスタープラクティショナーを対象としている。このコースは50週以上に及ぶ学習となる。40週はUCCにおける学習と課題の提出、10週は他所のワークショップ・講座、メタフィジカルな、そしてスピリチュアルな学習の場へ参加することに充てられる。ミニスターとしてのスキルをデモンストレーションすることにより、実践的な試験となる。叙任の日時は後日決定される。

<REMIは2年目コースの課題の中で、儀式に関わる部分を除き課題の大部分を修了しています。>

● 第1週:なぜミニスターになりたいかにフォーカスする。あなたのスキルや才能について描写し、それらをどのように使用するかについて、エッセイを書く。
● 第2週:宝瓶宮福音書と聖書の比較分析、発見について書く
● 第3週:あなたのチャーチはどのようなものになるか。複数の宗教団体、サイエンスオブマインドを含め調べ、自身の発見や考えについて書くこと
● 第4週:シッダールタ・ブッダの人生について読み、中道を理解する。あなたの人生にそれをどのように適用することができるか、自身の発見考えについて書くこと
● 第5週:モハメッドの人生について読み、自身の理解とそれらの信念がどのようにあなた自身に影響するかについて書くこと
● 第6週:キリスト教について探究し、自身の発見考えについて書くこと。よい点・そうでない点を論じること
● 第7週:ユダヤ教、または少なくとも2人の中東・アジア・他の宗教的規律を探究すること。共通の理解を見出し、自身の発見するところについて書くこと
● 第8週:世界のスピリチュアルな信仰と、それらがスピリチュアリズムにどのように関わっているかについての講演内容を書くこと
● 第9週:聖書の中のスピリチュアルなつながりについて調査する:マリアのガブリエルとの会話はどのようにスピリチュアルでサイキック的であったか。自身の発見考えについて書くこと。
● 第10週:二つの異なった宗教を統合した結婚式の進行を書く。(カソリックとユダヤ教)
● 第11週:あなたの知っている誰かを主人公に、追悼式(告別式)の進行を作成し書くこと
● 第12週:エクソシズムと自身のミニスターとしての仕事に適用するための考えと発見について書くこと
● 第13週:集会のための発表を書くこと
● 第14週:サイキックメッセージを少なくとも3人の友人知人に提供し、書面でそのレポートを受け取ること
● 第15週:UCCの定款を調査し、このUCCという旗の下で仕事をしていく自身をどのようにみるか、書くこと
● 第16週:誰かをカウンセリングを必要としている人をカウンセリングし、レポートを書くこと
● 第17週:コースのなかで自身の成果成長について考えを書くこと
● 第18週:男性は火星から、女性は金星から来たを読み、これを自身のカウンセリングにどう生かすかについて、書くこと
● 第19週:洗礼と祝福のセレモニーを書き、提出すること
● 第20週:ハンドヒーリングについて、そしてそれがいかなる心地よさを与えるものか描写すること
● 第21週:しばらく休み、ここまでの旅について熟慮すること。それについてシンプルな形で書くこと
● 第22週:個人を援助し、レポートを書くこと
● 第23週:セルフ・ヘルプについて書かれた心理学の本を読み、レポートを書く
● 第24週:ファイリングシステムを作り、記録を残す
● 第25週:ワークショップに参加して、つながりを作る。筆記レポートを提出
● 第26週:ネガティブな人を見つけ、彼らのスピリットを上昇する手助けをする。筆記レポートを提出
● 第27週:週ごとのレポートと、提出されたエッセイに関するUCCの試験
● 第28週:宝瓶宮福音書を音読し、かつ心の温まる講話を行い、録音を提出のこと
● 第29週:グループに対してスピリットガイドからのメッセージをデモンストレーションしメッセージを与えること。録音を提出のこと
● 第30週:心理学のコースに参加、または聴く。筆記レポートを提出。
● 第31週:虐待の関係について読み、そのようなケースをどのように取り扱うかについてのディスカッションを録音し、提出のこと
● 第32週:よい行いをする。それについて、どう感じたか書き、提出。
● 第33週:聴覚を失ったと想像し、それについて書くこと。
● 第34週:自身が深刻に傷ついた、という状況を想像し、トラウマに関連づけて、他者を援助するためにどのように適用できるかについて、書き、提出のこと。
● 第35週:地域の法律を調べ、合法的なミニスターになる準備をする
● 第36週:イースター祭であると仮定する。垂訓を録音し、提出のこと
● 第37週:聖職者として「内密に」が何を意味するか書くこと
● 第38週:写真を選び、それが何を意味するか、説明したものを録音し、絵のコピーとともに提出のこと
● 第39週:家族を亡くしたクライアント(遺族)をカウンセリングし、それをテープに録音のこと
● 第40週:このコースに学び始めてからどのように成長したかについて、エッセイを書き提出のこと

ワンネスインスティテュート
の機能と教師育成

ワンネスインスティテュートで認定セラピスト・カウンセラー課程を修了し、学習・実践を継続される方は、その方の適性や個性に応じ、ティーチングアシスタント、チューター、ファシリテーターやティーチャーの学びへと進むことができます。ワンネスインスティテュートのスーパーヴィジョンのもと、下記の課程を修了した場合、ワンネスインスティテュートが評価を行い、UCCへと推薦する形で、UCC後援によるミニスター(教師)育成と誕生を援助することが可能です。カリフォルニア州認可登録の教師・ミニスター、スクール創立を目指す方は、ご相談ください。

現在のところ英語で書かれているマテリアルも多いため、英語力が既にある方については比較的スムーズに課程に取り掛っていただくことができると思います。英語で書かれた資料の日本語訳については、まだ準備ができていないものがありますが、希望者で当該の課程を修了した方については、既に準備できているものから学んでいただくことも可能です。個人教授となりますので、コース費用やカリキュラムなどについては個別にお問合せください。



フッター
空
トップ 個人セッションメニュー REMIのおすすめ
ワンネスインスティテュートについて ご感想・体験談 エメラルドリンク
スクールプログラム・養成講座 ご予約フォーム サイトマップ
認定コースについて ご予約の前にお読みください ブログ
活動報告 スピリチュアルコラム  
   

 

このサイト内の文章、写真、イラストの無断コピー・転載を禁じます。すべての著作権はワンネスインスティテュートに帰属します © 2008-2015 ワンネスインスティテュート