カリフォルニア州で公式認可・登録されているスピリチュアルスクール ワンネスインスティテュート[東京・千葉] Spiritual School officially chartered and registered in California, US
画像代替
空 空 空      
  ワンネスインスティテュートについて        
 
■スピリチュアルコラム 
線
VOL. 22 魂と人格 - 霊的視点から物事をみると
線
VOL. 21 人はなぜ転生するか
線
VOL. 20  2011年 変動、混沌から新しい秩序へ2
線
VOL. 19 2011年 変動、混沌から新しい秩序へ1
線
VOL. 18 播かれた種2 魂の目覚めグランドツアー
線
VOL. 17 播かれた種1 魂の目覚めグランドツアー
線
VOL. 16 パリマの物語 パート2
線
VOL. 15 パリマの物語 パート1
線
VOL. 14 魂の世界で教わったこと パート3
線
VOL. 13 魂の世界で教わったこと パート2
線
VOL. 12 魂の世界で教わったこと パート1
線
VOL. 11 安心と不安、豊かさ
線
VOL. 10 あなたの貴重な人生を
線
VOL. 09 アセンションした意識
線
VOL. 08 失う前に気づくことを学ぶ
線
VOL. 07 魂の美しくない人などいない 
線
VOL. 06 2009年の流れ 個人編・アセンションは
線
VOL. 05 2009年の流れ 全体編・価値観のシフト
線
VOL. 04 宇宙の秩序を体験から学ぶ
線
VOL. 03 今も昔もあなた方のもとを離れたことは..
線
VOL. 02 種子に水を与える
線
VOL. 01 スピリットの目覚めと進化の旅
線
  こちらでは、講師のRev.REMIが、スピリチュアルなテーマでコラムやチャネリングメッセージをシェアしています。クリックしてお読みください。

 
スピリチュアルコラム記事一覧
00
17 VOL. 22 魂と人格 - 霊的視点から物事をみると
たとえば、数年前、ある女性が、自分は職場で怖いと思われていていつも上司に対してもケンカ腰になってしまうといったことを教えてくれました。興味深いことに、セッション中にスピリットガイドが見せてくれたのは、イタリアの小さな村の教会で一人静かに座り、祈っている尼僧のビジョンでした。 続きを読む...
Upload | 2011.3.11
17 VOL. 21 人はなぜ転生するか
誰でも、いつか今世の旅を終えてスピリットの世界に戻ります。私たちは永遠に旅を続ける「魂」が、「肉体」をまとった「霊的な」存在です。 肉体をまとっていることが「仮の姿」「一時的な表現」といわれることもありますし、スピリットは「永遠の存在」「決して死なない」といわれます。言葉では魅力的に見えるかもしれませんし、奇妙に感じられるかもしれません。続きを読む...
Upload | 2011.3.11
17 VOL. 20  2011年 変動、混沌から新しい秩序へ2
先ほどの、箱のうえのきれいな砂を思い浮かべてください。そこに微弱な振動が加わり、砂はほんの少しずつ動きます。しかし全体としては、その振動に伴う移動が終わったとき、始まる前とはまったく異なった場所に砂粒が移動していることが分かるでしょう。傍目にはいつでも「砂粒の塊」に見えるわけですが、実際にはすべての砂粒が移動し、根本的な変化を体験し、新しい配列に入れ替...続きを読む...
Upload | 2011.3.11
17 VOL.19 2011年 変動、混沌から新しい秩序へT
2011年のお正月、今年はどんな年になるのかなと思っていると大天使メタトロンが現れ、メッセージを書きとりました。誰からのメッセージと書いたらよいのかと聞いたところ、マチヴェンタ・メルキゼデクが重なって現れました。このメッセージのパート1と2では、今年のエネルギーと起こりうることについて説明しています。 続きを読む...
Upload | 2011.3.11
17 VOL. 18 播かれた種2 魂の目覚めグランドツアー続きを読む...
2009年の春分、スクールの年間のプログラム構成と、同時に、アセンデッドマスターからチャネリング・メッセージをうけとりました。このメッセージでは、人類の新しい姿について語られています。「完全な霊的信頼のなかにあるとき人は、不安や怖れにかられたりパニックを起こすことなく、次に何をすべきかを落ち着いて見極め、よりよい選択を積み重ねてゆくことができる。続きを読む...
Upload | 2010.7.6
17

VOL. 17 播かれた種1 魂の目覚めグランドツアー
歴史と恐れの意識が何を生み出してきたか、人はそろそろ学んでよい時期である。 異なったもの、分からないものへの恐れから反応し、行動することをやめ、かわりに普遍性を見、個性を尊重し、共に活かすとき。そのとき人類は「ひとつであること」を真に知ることとなり、ともにその世界を創造するという意識に到達するであろう。それが新しい人類の姿である。続きを読む...
Upload | 2010.7.5

17 VOL. 16 パリマの物語 パート2
「森や、木を、上から見たことがなかったのです。こう見てみると、木は、互いに重ならないように、枝を伸ばしているのが見えます。あぁ、どの枝にもできるだけまんべんなく光がいきわたるように。他の枝の上にかぶさろうとか、他の枝の下に隠れようとする枝などないのですね。きれいに、みなが自分にできる限りを尽くして、枝葉を伸ばし、光を求めているように見えます。」 続きを読む...
Upload | 2010.7.5
18 VOL. 15 パリマの物語 パート1
昨年の春、4月のある日、リビングルームに座っていると、スピリットのマスターティーチャーの一人が興味深いビジョンを見せてくれました。彼らは日ごろチャネリングやインスピレーションを通してさまざまなアドバイスやサポートを与えてくれますが、この一つのエピソードからも、さまざまな示唆を受け取ることができます。 続きを読む...
Upload | 2010.7.5
18 VOL. 14 魂の世界で教わったこと パート3
それでも、仕事や、人間関係、健康面、人生のどの側面であれ日常生活の中でそのような状況に直面していること分かったら、内なるスピリットとワンネスに意識を合わせ、その状況にたいして、私がいま学ぶべきはなにか、私がこの状況でできる最善の行動は何ですか、とガイダンスを求めることができます。 続きを読む...
Upload | 2009.5.15
18 VOL. 13 魂の世界で教わったこと パート2
それでも、仕事や、人間関係、健康面、人生のどの側面であれ日常生活の中でそのような状況に直面していること分かったら、内なるスピリットとワンネスに意識を合わせ、その状況にたいして、私がいま学ぶべきはなにか、私がこの状況でできる最善の行動は何ですか、とガイダンスを求めることができます。 続きを読む...
Upload | 2009.5.15
18 VOL. 12 魂の世界で教わったこと パート1
ジョンは普段のように攻撃してきますが、彼のパワーは私たちを囲んでいる輪を貫通することなくただ消滅してしまいます。テレーズは、その様子をじっと観察していました。攻撃がパワーを失い、テレーズも苦痛を感じることがなくなり、変化のない状況に飽きたのか、ジョンの攻撃がやみました。続きを読む...
Upload | 2009.5.15

コラム11

VOL. 11 安心と不安、豊かさ
パートUでは「安心と不安、豊かさ」について書いてみたいと思います。社会的な地位、職業的、経済的な成功も、物質的な目的のみに結びついて、魂の成長に結びつかないならば、「もの」に自身を隷属させることになり、心や魂にとってはハードな道を行く学び方となるかもしれません。続きを読む...
Upload | 2009.5.15

コラム10

VOL. 10 あなたの貴重な人生を
2月の終わりに、スピリットガイドがきっぱりと話さなければならないことがあるなら自分の恐れからそれをブロックしない、はっきり表現する、というコミットをしました。 きっかけは、2月に師匠に言われた一言でした。
続きを読む...
Upload | 2009.5.15

コラム9

VOL. 09 アセンションした意識
私たちははるか昔、地球がまだ液体だったころにやってきたはるかかなたの者たちです。そして私たちはたくさんの恩恵とそこに栄えるものたちをビジョンを通して見、その現実を織りなすたくさんの糸を放ったのです。それらの糸はたくさんの色をして美しく輝いていました。
続きを読む...
Upload | 2009.2.16
失う前に気づくことを学ぶ VOL. 08 
失う前に気づくことを学ぶづくことはありますが、人は失う前に気づくことも学ばなくてはいけません。スピリットにとって時間は無限であり永遠ですが、人間の一人生には限りがあります。
続きを読む...
Upload | 2009.2.13
魂の美しくない人などいない VOL. 07 魂の美しくない人などいない 
セッションでは解決したい問題 があってクライアントさんがいらっしゃいます。私が最近感じたことは、美しくない人などいない、ということです。より正確に言うなら、魂の美しくない人などいない、ということです。スピリチュアリティを学ぶことそのものが人生の宝物のような体験をたくさんもたらしてくれます。 続きを読む...
Upload | 2009.2.13
コラム6 VOL. 06 2009年の流れ 個人編・アセンションは道半ば
2009年全体に関わる11エネルギーは、グループや家族、ひとりひとりの内面レベルにおいても当てはまります。「どんなことに喜びを感じるのか」「何を学び、どんなことが明確になってきたのか」などを吟味し、全体のなかで、自分はどのようにありたいのか、どのような人生を創り出していきたいのかを、より明確にすることを促されています。 続きを読む...
Upload | 2009.1.4
コラム5 VOL. 05 2009年の流れ 全体編・価値観のシフト
2009年は、2+9=11。2008年の「1」エネルギーがダブルになると同時に、「協力やバランスへ向かうエネルギー(1+1=2」」と見ることもできます。2008年に「変化したこと、始まったこと」を、2009年は「より洗練させ、発展させたり、助け合ったりと、よりバランスのとれた在り方へ変容する」方向へ意識が注がれる年になるでしょう。続きを読む...
Upload | 2009.1.4
コラム3 VOL. 04 宇宙の秩序を体験から学ぶ
生命は宇宙の秩序と生命エネルギーによって存在しています。木は、葉脈一本一本に至るまで、生命を成り立たせているエネルギー(光や水)を求め、それらを循環させることで生命を維持しています。人間もまた、スピリットが肉体に宿り、生命エネルギーを循環させることで生命体をすみずみまで機能させています。 続きを読む...
Upload | 2008.12.22
コラム3 VOL. 03 今も昔もあなた方のもとを離れたことは..
史実として伝えられていることが必ずしも真実ではない・・・ということはよく知られています。2006年4月、インターネットを通して日本にも伝わったニュースを読んで、自分でも驚くほど大きな解放をしました。その直後、マスターからメッセージを受け取ったときのことをお話します。続きを読む...
Upload | 2008.11.22
コラム2 VOL. 02 種子に水を与える
スピリチュアリティ(霊性)は皆が持ちあわせている種子のようものです。誰でも花を咲かせる可能性の種子を持っています。しかし誰しも、どこに埋もれているのかも分からない種子が、いつか芽を出すことを信じて水をやり続ける忍耐を必要とする時期も経験するものです。 続きを読む...
Upload | 2008.11.22

コラム1

VOL. 01 スピリットの目覚めと進化の旅
「霊的な体験」「スピリットガイドとのコミュニケーション」などと言うと、聖地や修行に行かないとできないのかな?特殊な人がすることなのかな?と思う方もいらっしゃるかもしれません。しばしばそれが「すごいこと」「特別な人がすること」のように思われることがあります。ワンネスのマスターは、そうではないことを教えてくれます。続きを読む...
Upload | 2008.11.22



フッター
空
トップ 個人セッションメニュー REMIのおすすめ
ワンネスインスティテュートについて ご感想・体験談 エメラルドリンク
スクールプログラム・養成講座 ご予約フォーム サイトマップ
認定コースについて ご予約の前にお読みください ブログ
活動報告 スピリチュアルコラム  
   

 

このサイト内の文章、写真、イラストの無断コピー・転載を禁じます。すべての著作権はワンネスインスティテュートに帰属します © 2008-2015 ワンネスインスティテュート