カリフォルニア州で公式認可・登録されているスピリチュアルスクール ワンネスインスティテュート[東京・千葉] Spiritual School officially chartered and registered in California, US
画像代替
空 空 空 空
  ワンネスインスティテュートについて        
 
線
年間プログラム
線
年間スケジュール・講座一覧はこちら
線
パワーストーンセラピスト養成講座レベル1
線
パワーストーンセラピスト養成講座レベル2
線
自己解放のための心理学講座
線
スピリチュアルクレンジング&プロテクション
ライトワーク&ミディアムシップ講座
線
メタフィジオセラピスト養成講座
線
スピリチュアル意識とサイキック能力開発講座
線
ワンネスカウンセラー養成講座
線
プロフェッショナルの為のコンサルティング講座
線
アセンデッドコンシャスネス講座
線
ドリーム・インタープリテーション夢解釈
線
スピリチュアル象徴学
線

チャネリングアーティスト・トレーニング

線
Brush-Up ヒプノセラピーを深める講座
線
過去世回帰療法 セラピスト養成講座
線
1DAYセミナー
線
ワンネスメディテーション Ψ
線
あなたのスピリットガイドからのメッセージ
線
1DAY◆ あなたの魂の歴史
線
1DAY◆ クレアボヤンストレーニング
線

半  日夢解釈リーディング

線
半  日前世療法グループ誘導
線
1DAY◆ クリスマス・スペシャル
線
線
 


ワンネスインスティテュート代表REMIが語る

クリスタルアキュパンクチャー創始者マーガレット
(左)創始者のDr.マーガレット・ロジャース・ヴァンクープスと。(右)ワンネスインスティテュート REMI
クリスタルアキュパンクチャー
セラピー用にカットされたポイントクリスタルを使って、経絡、ツボに施術していく、クリスタルアキュパンクチャー(鍼・ハリ)。誰にでも安全に、皮膚を傷つけないで施術できます。
パワーストーンセラピー本
日本語版「パワーストーンセラピー」
レミセラピー中
英国で保険適用の、効果が実証された安全でパワフルな自然療法。学んだ日から実践できます。
いくつものセラピーを学ぶ

パワーストーンセラピー

もたらしてくれたもの


英国で健康保険が適用され、鍼(ハリ)の10倍以上の効果が認められている代替療法『クリスタルアキュパンクチャー』『テラグラムセラピー』は 安全で、シンプルで、驚くほど効果的。セラピストとしても、自分や家族のケアのためにも学べば一生役立つ、素晴らしいセラピーです。


クリスタルアキュパンクチャー・テラグラムセラピー
TM
「クリスタルアキュパンクチャー」「テラグラムセラピー」等は、英国出身・米国在住のヒーラー・形而上学者・講師のマーガレット・ロジャース・ヴァンクープス博士が30代で遺伝性のパーキンソン病を発症し、一度は臨床的な「死」を迎えました。しかし彼女のスピリットは肉体に戻り、生きることを選択しました。

彼女は、肉体に戻り「生き返る」際に、スピリットガイドからクリスタルアキュパンクチャー(クリスタル鍼を使った療法)を受け取り、ガイドの指導で自らの病を治療しました。以来、このセラピーは、英国で彼女のもとに訪れる多くの人々に治癒や変容をもたらし、さらには彼女をこのセラピーを教えることになる日本へと導いたのでした。
(※上記クリスタルアキュパンクチャー、テラグラムセラピーを含め、チャクラ・経絡・ツボを施術するための異なる6種類のセラピーを総称して 「パワーストーンセラピー」と呼んでいます。)

しばらく悩んで、受講を決心
Dr.マーガレットのパワーストーンセラピーが私の人生にもたらしてくれたものを考えると、とても一言では説明できません。

私は現在、Dr.マーガレットのもとで学び、彼女が教育理事を務めるユニヴァーサル・クライスト・チャーチ(カリフォルニア州に登録されている、スピリチュアリズムのスクール)より公的な認可を受けて、スクール講師をしています。が、もともとは多くのみなさんと同じように、企業に勤める会社員でした。家族やセルフケアができるようになりたいと思ってはいたもののセラピストを目指していたわけはなかった私が、マーガレットに勧められてしばらく悩んだ末受講を決心したのは、2005年1月講座当日の朝のことでした。

振り返ると、それは本当に自分にとって素晴らしい決断でした。想像を超えた深い癒しと解放の体験をほかの参加者のみなさんと分かち合ったことだけでも価値がありましたが、それだけではありませんでした。セラピーを学んだその日から、あまりにも気持ちがよく、症状や状態が確実に軽くなるので、何かあると石を取り出してチクチク、チクチク。寝る前にはテラグラムという石をチャクラの上において眠ります。

こういったお勉強を始める前から瞑想が趣味で毎日の習慣としていた私でしたが、石を使った毎日のセルフケアが習慣になり、日々変化していくうちに、急速で徹底的な、肉体面、感情面、精神面の浄化を促されていきました。更に、瞑想やサイキックな体験もぐっと深まり、霊的な面でも確実に進歩していきました。

受講後は・・・
受講後このセラピーを学んだことを家族や親しい友達に伝えると、「じつは胃が痛くて検査予定」「一年以上頭痛が続いて治らない」「整骨院で施術されて指が炎症になり、膝は曲がらず困っている」「癌の治療の副作用で眠れない」「胸の痛みが何をしてもとれない」などと、ヒーリングを受けたいという人たちが次々と現れました。施術してみると、皆が口をそろえて「痛くなくなった」「何してもだめだったけれど1回でよくなった」「指も曲げられるし正座もできる。タバコも吸いたくなくなった。幸せで生まれ変わった気分」「いつになくよく眠り、昼寝までした」「何をしてもとれなかった痛みがとれた!」などと仰るのです。

講座でセラピーの効果を十分すぎるほど体感し、その日からセラピー大好き人間になった私でしたが、家族や友達、紹介でセラピーを受けにいらっしゃる方たちからセッション後にいただく好意的なフィードバックの数々に、何度驚かされたことか数えきれないほどです。マーガレットに勧められ、お仕事として休みの週末に限り、セラピストとしてセッションを始めると、ほどなくして週末はとても忙しくなりました。 プロフェッショナルレベルの講座「メタフィジオセラピスト養成講座」なども受講し、受講生仲間と、定期的に勉強会や実践をしあったり、毎日の瞑想やセルフケア、日常生活や通勤時にもセラピー用クリスタルを持ち歩いてフル活用しました。

ホームケアやお仕事ができるように−自分、家族、クライアントの、健康、笑顔、幸せを導く・・・
私の母が肝炎や胆嚢の機能障害がおき入院しなければいけない状況になったときも、薬で一向に改善しない症状と数値が、セラピーを週に1、2回しばらく受けてもらうことで正常な数値まで回復しました。その後にも大きな人生の転機を迎えた母ですが、「セラピーを受けていたおかげでなんとか生きていられたんだと思ってるの。ほんとに感謝しているのよ」と言ってくれています。

2010年に生まれた娘は、石とセラピーが大好きです。やっと立った1歳くらいのときから、私がするのを見ているからでしょうか、テラグラムというチャクラ施術用のクリスタルを、お気に入りのテディベアのお腹の上において、見よう見まねでセラピーをして遊んでいました。お喋りができるようになってからは、「ちくちく(クリスタルアキュパンクチャー)すると、きもちいい。ここやって」とよくせがむようになりました。お腹が痛いときなどは自分でテラグラムを持ってきますし、アトピー性皮膚炎のかゆみも、クリスタルをすると夜中の痒みがぐっと軽くなるので、寝る前にほぼ毎晩行います。私が忘れていても、娘のほうから「ママ、ちくちくと、マッサージして」と小さな手を差し出してきます。眠れないときも、ベッドに横になってもらい施術すればイチコロです。

パワーストーンセラピーは、子供や家族のホームケア、お仕事にはもちろん、今日にいたるまで、私や周りの人々の抱えていたあらゆるレベルにおける傷や痛みを癒し、愛と気づきに変容させ、幸せで楽しい感情やポジティブな思考を取り戻し、またサイキック能力やスピリチュアル意識を促し続けてくれています。

パワーストーンセラピー
パワスト
NZ
フィンランドでの講座
フィンランド

講師の資格を得る
めまぐるしく数年が経ち、2007年よりマーガレットの勧めでミニスターコース(教師の資格コース)を受講、2008年に修了し、現在はカリフォルニア州で認定・登録されたミニスター、スピリチュアル教師として、日本国内で講座を中心にお仕事をさせていただいています。 しかし、このセラピーの素晴らしさが日本にとどまるものではないという事実を報告できることをも、嬉しく思います。

このセラピーを私はアメリカ、スイス、フランス、カナダ、フィンランドなどの国内や国外に住む外国の人々にも多数、施術していますが、皆さんこのセラピーのパワフルさに一様に驚き、セラピーを受けたことをきっかけに、人生に大きな変化と好機を体験されていかれるのです。

友人が、旅先で発作に見舞われる-パワーストーンセラピーで緊急ケア
2013年3月、フィンランドの友人と、南太平洋ニュージーランドで、10日間の旅を共にしたときのことをお話しします。南島を旅行中、その友人が心臓の発作を生じました。「北島へ帰る飛行機に乗るために、これから車を4時間走らせて空港まで行かなくてはいけない。出発まできっかり10分しかない」というタイミングです。経験上、セラピーを始めて数分以内に誰でも落ち着くことが分かっていたのと、私の直感は「10分で充分」と言っていたので、すぐに彼女に横になってもらい施術を始めました。

その日私が持っていたのは、旅行中を快適に過ごすためのセルフケア用として基本なキットのみでしたが、それで十分と思えました。各チャクラにテラグラムを置いてすぐにヒプノセラピーをチャネリングしました。チャネリングしたヒプノのインダクション(催眠療法の暗示文。催眠療法は「メタフィジオセラピー」で詳しく学びます)は、「体中の臓器、器官のすべてが、オーケストラの指揮者に従い、完璧なリズムで、完全に調和した素晴らしいハーモニーを奏でる」というものでした(このヒーリングの一部始終は、私のスクールホームページに、友人本人が体験談を寄せてくれています)。下記のリンクをクリックすると、彼女の体験談をお読みいただけます。

http://onenessinstitute.jp/page/X00_EnglishTestimonials.html#Maiju

最後にすべてのチャクラをバランスさせて施術を終えたとき、ちょうど10分がたっていました。なにもなかったかのように発作はおさまり、苦しそうにゆがんでいた彼女の表情はすっかり安らいで、ほほ笑んでさえいました。彼女があとで教えてくれたのですが、発作がおさまらない場合、数時間かかる点滴や電気ショック療法を受けるために病院に行かなければならず、そのために何度も入退院を繰り返してきたのだそうでした。彼女自身、普段からヒプノセラピー、ヨガ、アーユルヴェーダ、食餌療法、瞑想を行う実践家ですが、「こんなにシンプルで、美しく、素早く発作がおさまったことはなかった」と驚いて、嬉しそうに言いました。

テクニカルな話をすると、ヒーリングはクリスタルなどのツールがなくても可能です。しかし、セラピー用の形状にカットされたストーンを使ったこのセラピーの的確さ、パワフルさ、素早さ、シンプルさは、特筆に値します。

この旅、この施術をきっかけに、フィンランドへ
ニュージーランドで再会した初日に「私いま道を見失ってるの…」と肩を落とし気味に語っていた彼女ですが、旅の後半には、私をフィンランドに招き講座を学ぶための、具体的なプランを作り次々と友人たちに協力を依頼し始め、「この計画を成功させるためにいまフィンランドへ帰って、すぐにでも始めたい!」と大きな瞳を輝かせて語る彼女に大変身していました。

そのようなわけで私は、Dr.マーガレットの応援もいただきながら、2013年の夏に北欧の国フィンランドへ行って、この実にシンプルで美しくパワフルなセラピーを10人の小グループにお教えするという仕事をしてきました。

3歳の子供を家族に預けての約3週間の短期の滞在ではありましたが、イベントも、ヒーリングデモンストレーションも満席となり、個人セッションも満席となり、講座の受講生の方たちも、熱心に学び、皆がまさに「人生を変える」大きな変容を体験しました。とても熱心なリクエストをいただいて、来年の初夏、さらに上級の講座を二つお教えしにフィンランドを再訪する予定です。

パワーストーンセラピーを学ぶと、誰もが効果的なセッションを行えるようになる
素晴らしいことに、このセラピーは創始者だけが上手に行えるものではありません。私のようにマーガレットから学んだ受講生仲間や、私のスクールの受講生の方たちにも、セルフケアには勿論、大切なひとたちやクライアントさんたちに施術し、パワーストーンセラピーの素晴らしさを周りの人々と分かち合っている人たちを、何人も知っています。

ワンネスインスティテュートでも2009年からこのセラピーをお教えし始め、自身のケア、家族やクライアントさんへのセッションを始め、重度の高い症状や状態を改善したり、サポートできるパワフルなセラピストさんたちが誕生しています。メタフィジオセラピーという、パワーストーンセラピーに、アロマセラピー、リフレクソロジー、ヒプノセラピー、エネルギーヒーリングを組み合わせた療法でよりプロフェッショナルに、より深く、より高度なセッションを提供できる「メタフィジオセラピスト」となる人たちもいます。

また、フィンランドでパワーストーンセラピーを学んだ生徒さんたちも、受講1か月後に自分たちで練習会をひらき、3か月後にスピリチュアルフェアなどのイベントに参加して、パワーストーンセラピーを実践しています。単独でこのセラピーを行うセラピストもいますし、ヒプノセラピーと併せて、カウンセリングのセッションと併せてや、アーユルヴェーダのマッサージセラピーと併せて、施術するセラピストもいます。そして彼女たちも施術を受けた人たちから、とてもポジティブなフィードバックばかりいただいています!という、嬉しいレポートが届いています。

予防・セルフケア・人生を向上させることのできるパワフルなツール
また、セラピストを目指すというよりは、自身の健康回復・維持などの目的で受講される方もいます。フィンランドでも病気を克服する一助、幸せを取り戻すために受講され、人生に笑顔を幸せを「既に」取り戻し、自分の健康を自分でケアできるのだという自信と強さを身につけた方もいます。自己免疫力や自己治癒力、セルフケアや予防のツールとして、病気にたいする療法・トリートメントとして、学び、自身を癒したい、幸せになりたい、人生に活かしたいという方にも、とても有効です。日本でも、スイスやフィンランドの友人たちや生徒さんたちも皆、このセラピーを学ぶと、毎日心地よいセラピーを享受せずにはいられなくなってしまうようです。というのも、とても簡単で、力もいらない、シンプルにでき、場所を選ばないし、手軽であるからです。どんなに効果的であっても、複雑な手順や準備や特定の場所を必要とする療法では、続けることが難しくなります。パワーストーンセラピーは、効果がこれだけ実感できるのにもかかわらず、非常にシンプルで、誰でも学べばすぐに取り組めるという素晴らしい美点を備えています。そして、自分にも、周りの人に対しても、一生使えて、ほかの療法と併用でき、しかもセラピーそのものを発展的に応用していけるのですから、鬼に金棒です。

Dr.マーガレットのパワーストーンセラピーは少なくとも30年以上にわたり、有効であり続けています
Dr.マーガレットのパワーストーンセラピーはイギリスで健康保険が適用されるほど効果が実証されています。そして、Dr.マーガレットが自身のパーキンソン病を治療してから少なくとも30年以上が経って、いまだこのセラピーを実践し続け、人々に教え続け、学んだ人々も実践し、いまだ有効であり続けている、ということ以上に説得力のある説明はないでしょう。

思ってもみなかった素敵な変化や展開が続いています
スピリチュアルな探求を始めると誰にも起こり始めることですが、私はパワーストーンセラピーを学んだことによって、人生に予想もしていなかった展開や、肯定的で大きな変化を数多く(数えきれないほど)体験しています。少なくとも、2004年11月にワンネスの勉強をスタートし、パワーストーンセラピーを初めて学んだ2005年1月の時点で、ホームケアができるのみならず、セラピストになること、カウンセラーになること、講師になること、子育てしながら自分のペースでお仕事すること、海外で仕事をすることなど、いま実現していることを何一つとして、はっきりイメージしてはいませんでした。

けれど、このセラピーを実践するごとに、自身のあらゆる側面が癒され、あらゆるレベルで囚われから解放されていき、霊性は深まり、世界は広がり、物事は次々と現実化されていきました。 人生は自分らしい光を放ち始め、さらなる愛、感動と、喜び、日々の奇跡に満ちたものへと着実に変容していったのです。 私は、勇気を出してこの学びの旅に踏み出してほんとうによかったと思っています。

ご紹介したのは、本当にごく一部で、たくさんの人々の、たくさんの深い癒しの体験に立ち会い、学び、成長させていただいてきました。お読みいただいているあなたが、人生を変容させるパワフルなヒーリングツールを身につけたい、それはなんだろう?と思われていましたら、わたくしは、パワーストーンセラピーを心よりお勧めいたします。

米国カリフォルニア州認可登録スクール
ワンネスインスティテュート 校長・講師 REMI

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

パワーストーンセラピスト養成講座 詳細のページはこちら

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

最後に、フィンランドでの体験をご紹介します。

2013年7月、北欧フィンランドにて、パワーストーンセラピスト養成講座の参加者全員が、それぞれ深い深い、肉体・感情・思考・霊性の全レベルにわたる深い癒しと大きな解放と変容を体験しましたが、そのなかの1人、ソフィア(仮名)のケースをお話しします。彼女は大きなセンターで多くの人々を援助してきた、責任と実績のあるワーカーです。

しかし、彼女の歴史に過去のトラウマは深く深く根をおろしていました。過去のネガティブな歴史を癒すコア・テラグラムというセラピーのワーク中、スピリットガイドは私を通じてこう言いました。「あなたが13歳のときに何が起きたか。その出来事がすべての問題の根本だ。これを解決しなくては何も進まない。何があったのか言葉にできますか」すると彼女は一瞬沈黙して、こう言いました。「13歳のとき・・・、私が話したくない出来事が起きました。それについては、これまで何十年もの間、いろいろな療法や集まりに参加して、自身の癒しに取り組んできたんです。ですから、話したくありません」。

しかし、それは講座の最終日でした。チャンスはそのときでした。私は横になっている彼女に聞きました。「あなたの気持ちは分かります。でも、今日は講座の最終日。数日後には私はフィンランドを去って日本に帰ります。あなたはこの件をいま手放して今後の人生を歩みたいですか。それともこれらをあなたの中に持ち続けていきたいですか。」「いいえ。持ち続けたくありません」「そうですね、私もそう思います。今ならあなたがどんなことになっても、私もここにいて手助けできます。でもそれができるのは、いまここです。いまそれを手放しますか?」と言いました。

彼女は覚悟を決め、スピリットガイドの導きと、いくばくかの私の手助けによって、40年以上もの間囚われていた過去の出来事から自分を自由にするため、自らをあけわたし、信頼して、委ねたのです。そのとき、彼女が体験したことのなかった、深く大きな解放が起こりました。

「あなたの中から叫び声が聞こえます。でもあなたはこれまで、叫んでこなかった。今あなたは声を出す必要があります。私が一緒なら、できますか?」と私が聞くと、彼女は私の目をまっすぐ見つめて「はい」と言いました。「OK.一緒に叫びましょう。いきますよ」そうして、私たちは最初の一声を一緒に叫びました。彼女は、その一声を皮切りに、叫び、怒鳴り、泣き、激しく身をよじり、起き上がり、拳を振り上げ、振り下ろし、自らの深い感情の塊に直面しました。それは、抑圧していた病巣部分を、ついに開腹手術してとりだす作業のようで、セッションとしては比較的長い時間を必要としました。それでも、彼女は約40年にわたって感じつづけてきた痛み、苦しみ、怒り、悲しみ、絶望、憎悪、孤独を、初めて、それほどの深いレベルで解放するに至ったのです。

彼女はこのヒーリング体験のあと何度も「本当にびっくりしています。私はもう数十年間、あらゆる療法でこのトラウマに取り組んできたんです。だからいまだにあんなに激しい感情や痛みを抱えていたなんて、露にも思っていませんでした」と、起きたことが信じられない、といった表情で言いました。

講座が終わったとき、彼女は私に駆け寄り「この講座に参加させてくれて、ほんとうに、ほんとうに、ありがとう。あなたは私を救ってくれた。この経験なしには、どんな夢も叶わなかっただろうと思います」と、別人のようにリラックスした表情で言いました。私は、「スピリットガイドからビジョンやメッセージを受け取ったので、確かにあなたを少し後押しはしました。でも手放すという選択をしたのはあなた自身。講座に参加して変わりたい、と決めたのもあなたでしょう。だからあなたを救ったのはあなた自身です。だから “よくやった!”と、自分をと褒めてください」と伝えたのでした。

このヒーリング・エピソードはほんの一例です。フィンランドでの受講者全員が、何度、人生に深く大きな変容をもたらす本質的な癒しを体験し、涙を流し、笑いあったことでしょう。それぞれが他者を価値判断することなく、自身の課題を乗り越える手がかりを得て、希望を見出し、大きな変容、これまでにない安堵感を得て、至福を体験したのです。それらは、同じ目的のもとに集まった10人とそれをサポートするスピリットガイドたちに共に分かち合われた、言葉にできないほど素晴らしく美しいワンネス体験の数々でした。

それぞれ各人が自身の歴史から自由になることで、それぞれのペースで、人々の歴史を癒し彼らが人生を晴れやかに生きる手助けをしていく日ももうすぐかもしれません。そんな喜びの瞬間を分かち合える、深い癒しに立ち会うことのできるセラピーに出会えたことを、私は本当に幸運だと思っています。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

パワーストーンセラピスト養成講座 詳細のページはこちら

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

申込はこちらのフォームから
フッター
空
トップ 個人セッションメニュー REMIのおすすめ
ワンネスインスティテュートについて ご感想・体験談 エメラルドリンク
スクールプログラム・養成講座 ご予約フォーム サイトマップ
認定コースについて ご予約の前にお読みください ブログ
活動報告 スピリチュアルコラム  
   

 

このサイト内の文章、写真、イラストの無断コピー・転載を禁じます。すべての著作権はワンネスインスティテュートに帰属します © 2008-2015 ワンネスインスティテュート