カリフォルニア州で公式認可・登録されているスピリチュアルスクール ワンネスインスティテュート[東京・千葉] Spiritual School officially chartered and registered in California, US
画像代替
空 空 空 空
  ワンネスインスティテュートについて        
 
線
年間プログラム
線
年間スケジュール・講座一覧はこちら
線
ワンネス・春の集い
線
パワーストーンセラピスト養成講座レベル1
線
パワーストーンセラピスト養成講座レベル2
線
アセンションのためのヒーリング講座
線
スピリチュアルクレンジング&プロテクション
ライトワーク&ミディアムシップ講座
線
メタフィジオセラピスト養成講座
線
スピリチュアル意識とサイキック能力開発講座
線
ワンネスカウンセラー養成講座
線
プロフェッショナルのためのコンサルティング
線
アセンデッドコンシャスネス講座
線
ドリーム・インタープリテーション夢解釈
線
スピリチュアル象徴学
線
チャネリングアーティストトレーニング
線
過去世回帰療法 セラピスト養成講座
線
1DAYセミナー
線
ワンネスメディテーション Ψ
線
あなたのスピリットガイドからのメッセージ
線
1DAY◆ あなたの魂の歴史
線
1DAY◆ クレアボヤンストレーニング
線

半  日夢解釈リーディング

線
半  日前世療法グループ誘導
線
1DAY◆ クリスマス・スペシャル
線
線
  ワンネス・メディテーション
ワンネス・メディテーション
ワンネスメディテーションイメージ写真

ワンネスインスティテュートの瞑想会は、ワンネスのマスターのガイダンスとサポートによって2006年4月にスタートし、 中央区エリアで3年間、毎月開催してきました。

私自身の瞑想とのかかわりは、2004年の初夏のある日、仕事に疲れて帰宅途中に、突然「瞑想」と思いたったその日から始まりました。帰宅後に自宅で瞑想をしてみたところ、その体験があまりにも心地よく、癒され、素晴らしい解放感とリフレッシュ効果であったので、その日から文字通り毎日瞑想に夢中になりました。勤務先でのランチタイムも、食べる時間を最小限にして、近くの公園で座って瞑想。仕事が終わって帰宅すれば、至福の瞑想タイム。お風呂の中でも瞑想タイム。

瞑想をたった15分するだけで、仕事や通勤で疲れてもすぐに疲れを取ることができ、癒され、すっかり元気に、エネルギーチャージすることができる。どこにも行かなくていい。道具も何もいらない。毎日が輝いて見える。毎日が穏やかに感じられる。自分が元気だから、いつでも疲れを吹き飛ばせるから、痛みもなくなってしまうから、疲れをため込まない。なんだか毎日が快適!・・・なんてすばらしい、手軽な、効率のいいリフレッシュ方法を発見してしまったのかしら!と感激した私は、そうして毎日毎日、瞑想時間を楽しみました。素晴らしいツールを手にし、夢中になった私は、毎日のストレスなどなんてことはないと、整骨院に通わなくても、鍼やマッサージをしてもらわなくても、自分で癒される、自分でリフレッシュできる、自分でリラクセーションが得られる、という発見に大喜びでした。まもなくしてヨガも始めたくなり、本を購入して、自宅で一人で瞑想とヨガを実践していました。

2004年の晩秋、魂のことを学べるからと誘われてサイキック能力トレーニングを受け始めたときに気が付いたのは、瞑想を実践していたおかげで、どのような環境の中でも目を閉じるだけで、瞬間的に自身のエネルギーを整え、マインドを静め、雑念を排し、リラックスし、変性意識状態に入ることができる、ということでした。

スピリチュアルな学習、サイキック能力開発、リーディングやヒプノセラピーを行う際、自身の心身の状態を整え「変性意識」(霊的意識、ハイアーセルフとつながる、などと描写することもあります)に入ることが基礎になりますが、私にとっては、とても簡単で自然なことでした。穏やかで愛と癒しに満ちた高次の波動・意識状態に瞬時に入ることができるようになっていたおかげで、瞬時に自分の状態を整え、クリアなガイダンスを受け取れる状態になれるので、トレーニングの始めから、時間を最大限に活用し、明晰な理解と体感を経験でき、存分に吸収・成長できたのでした。瞑想に慣れていたことは非常に大きなアドバンテージでした。

サイキック能力開発や様々なトレーニングが始まり、私の意識が意識的に「スピリットガイド」や「高次の存在」を受け入れると、継続的に多大なヒーリングを受けながら、メッセージ、ビジョン、体感はヴェールを取り払ったかのように鮮明に体験されはじめました。そして、ますます瞑想を楽しみ、スピリットガイドとの邂逅、故郷へのアストラルトラベル、トランスチャネリング、体験の幅も深さも急激に広がっていきました。そうしながら、ワンネスの尽きない愛とサポートを体感し、多大な癒しと気づきを受け取りながら、私の意識は刻々と変容し、ソウルグループとより深く同調していきました。エネルギーの世界、スピリットの世界、バイブレーションの世界。超物理的な世界。どれも角度は異なりますが、体験者にとってはすべて「つながって」います。あらゆる謎であったことに答えを与え、納得できる体験を通して、一歩一歩、高次の存在との信頼関係、ワンネスという広大な世界についての理解を深めていきました。ロウアーセルフは癒され、ハイアーセルフとの理解と調和、そしてワンネスのソウルグループ、高次の存在たちとの調和と融合へと導かれていきました。

そのようにして、瞑想からアストラルトラベル、チャネリングを通じてスピリットガイドや宇宙の長老やマスターティーチャーほか、諸先達より学び、教えを受け、体験した「内なる旅」の果実は、現在私がしていること全ての動機と、お教えしている内容すべての基礎となっています。

2006年始め周りの人たちから「瞑想会をしてくれたら参加したい」とのリクエストを受けましたが、その人たち自身が、いろいろな分野でエキスパートやかなりの先輩であったので、最年少であった私は、自分がやってもいいのだろうかと不安を払しょくしきれずにいました。すると、私自身とても驚いたことに(私は今生ではキリスト教徒ではありませんが)キリスト意識の顕現であるイエスが現れて、「Tell them...」と始まる一連のメッセージを書きとるように言われました。この体験は大きな大きな感情的霊的な開放と癒しと、大量の涙を伴うものでした。が、それによって励まされ、確信を得て、4月に初めて瞑想会を開くに至りました。

初回の大天使やキリストの誘導に、参加されたメンバーが涙し、次回以降引き続き開いてほしいとのリクエストをいただきました。それから2009年まで、自身がシャスタに滞在した前後数カ月間を除き、「ワンネススタディ&メディテーション」をほぼ毎月開催し、ご参加者に感動や癒しを体験いただいてきました。そこから、集中したテーマのレクチャーや日数での開催リクエストをいただいたりし、ワークショップや講座の開催へも発展していきました。2007年からミニスター課程に学び、2008年にスクール創立とカリフォルニア州への登録を受け、2009年4月「カウンセラー・ヒーラー」養成のための年間プログラムを開始したことに伴って、3月春分を最後に、瞑想会を休止しました。そして2012年、再び瞑想会を再開し、ファシリテーター養成を行いました。

ワンネスメディテーションでは、毎回、参加者のエネルギーや課題によって異なったテーマでスピリチュアルレクチャーとグループメディテーションを行います。

瞑想について
瞑想は神のメッセージを聞くこと、と言われます。瞑想を実践していくと、あるがままで充ちたりて、”帰ってきたくない”と思うような心地よさを体験しメディテーションたり、セルフヒーリングができることに気づきます。”瞑想会に来ると調子がいい”とよく聞かれる言葉ですが、それは、私たちひとりひとりが忙しいマインドやネガティビティを手放し、スピリットの光、自らの魂に触れる時間を持つことで、光を回復し、セルフヒーリングしている状態になるからです。瞑想では、マインドを脇に置いて顕在意識をゆだね、無の状態になります。とてもシンプルです。シンプルですが、その”無”の状態になることや”手放す”ことが難しいと感じる人も、比較的簡単と感じる方もいます。

最近ではマインドフルネスという言葉もよく聞かれます。アメリカでブームになって様々な企業に取り入れられているこのアプローチは、心身の内側に意識を向けることによって、癒しや明晰さを得ようというものです。瞑想を実践していると、冒頭でも述べたように、同じような効果が得られます。

瞑想を日常的に実践していくと、スピリットの自己からワンネスとつながり、「ありがたさ」、「ひとつであること」を体感したり、ヒーリングや、メッセージに気づいたり、ガイダンスがクリアに分かるようになっていきます。それらは「いつでもそこにある」のですが、忙しいマインドが邪魔をして見えなかったり感じられない方が多いのです。 瞑想ではその忙しい「マインド」つまり雑念をわきに置いて、本質的な自己の状態へと至り、静けさと新しい発見の旅、魂の冒険という可能性の中へと入っていくことができるのです。

ワンネスに委ねる
ワンネス・メディテーションΨ では、皆さんがご自身でワンネスにつながること、ひとりひとりが愛されサポートされていることや、内なる自己に目覚めていくことを手助けするのに必要なことを説明し、誘導し、共にワークします。講師も同時にそのプロセスを楽しみ、新しい気づきや発見を喜びを分かち合います。また、研修生コースでご参加の方には、ホームワークが課されます。詳しくは研修生コースでお話しいたします。

瞑想は、「自分の内側に答えがある」ことを体感するダイレクトでパワフルな方法
あなたのスピリットは答えを知っています。宇宙、ワンネスは、常にあなたと在り、いかなる判断もせず、守り、癒し、導いています。ワンネスは私たち一人一人にとって何が最適で何が必要かよく知っています。私も、皆さんと同じように、彼らのガイダンスに委ね、信頼し、彼らとひとつになり共に働くということを、日々学んできました。

ワンネスインスティテュートで瞑想を行うとき、自分は感じられない、見えない、分からない・・・とおっしゃっていた参加者の方も、気付き、ビジョン、感覚を感じられたり、ご自身でメッセージに気づいて、驚いたり喜ばれています。「瞑想会にはいくつか参加していますが、こちらの瞑想会では毎回他では体験したことのない体験ができます」などとのご感想をいただくことがよくありますが、ワンネスインスティテュートでは、ワンネスのアセンデッドマスターティーチャー、大天使をチャネリングしながら、彼らのバイブレーションの直接的な影響下でメディテーションが行われます。教師は、瞑想者が見たり体験した体験を、ほぼそれがなにであれ、わかりやすく解釈することを助けたり、説明することができます。必要な情報、その方の進み具合、現在の課題、状況といった状況を理解したり、気づきや助言を得たりできますので、ご参加者の体験や気づきを非常にパワフルで、自身にいま最も役立つ体験・理解をお持ち帰りいただけるのです。

能力開発という面でも、瞑想を通じて自身の内なる静けさが実現できてくると、次の開発ステップへと自然に導かれていきます。
瞑想に慣れてきた方、できるようになってきた方には、平和と静寂の中で、内なる教師に導かれる感覚、守護者と宇宙への冒険へ旅立つ楽しさ、など新しい体験を是非味わっていただきたい、そして瞑想を含む霊的探究の道を、ご自身の喜びと成長の道として役立てていただければ、うれしく思います。

瞑想はしたことがない、一人ではどうも・・・という方も、ワンネスの心地よいバイブレーションに包まれながら、内なる魂の世界に触れるダイレクトな方法を、ご一緒に体験してみましょう。

ワンネスメディテーション「Ψ」 何が違うの?
2012年版「Ψ」がそれまでの「ワンネススタディ&メディテーション(瞑想会)」と異なるのは以下の点です。
◎一般参加ができ、ファシリテーター研修を兼ねています。
◎ワンネスインスティテュート認定カウンセラー・セラピストの方・認定生の方は、瞑想会「ファシリテーター研修生」としてご参加いただくこともできます。研修生には課題、宿題、試験があり、ファシリテーターに合格されると、ワンネスインスティテュートの推薦するコンテンツを用いご自身で瞑想会を開催できるようになります。今年認定コース受講中の方は、ご自身の課題取り組みのペースを考慮して、一般参加・研修生参加のどちらかを、ご判断ください(レポートと重なると課題をこなすことが難しい場合もあるだろうことを考慮しまして、状況により最初は一般参加をお勧めする場合もございます)。

【ワンネス瞑想会 ファシリテーター研修コース】
@ワンネスインスティテュート認定生の方は、瞑想会ファシリテーター研修生(アプレンティス)として参加いただけます。(研修生には課題、宿題、実技・があります)

A今年、認定生でない方が瞑想会に参加され、のちほど認定コースを修了した場合は、瞑想会ファシリテーター研修課程や要件をクリアした後、ファシリテーターとなることができます。

B今年、認定生でない方が瞑想会に参加され、認定コースを修了せず、以降ファシリテーターとなることを希望される場合は、所定の要件をクリアしたあと、ファシリテーターになることができるパスを設けるつもりです。

Cその場合、認定セラピスト・カウンセラーの資格をもつファシリテーターは、成熟度や実践要件を満たしている場合、シニア・ファシリテーターに移行することがあります。 ファシリテーターコース

 


瞑想で体験できるることの例
項目 深いレベルのリラクゼーション
項目 緊張、ストレス、痛みの解放
項目 自己免疫力・健康・人生の質の向上
項目 肉体、マインド、スピリットの癒しと調和
項目 前向きで明るい展望、インスピレーション
項目 ブロック、古い記憶、感情の条件づけを解放
項目 思考・感情・態度が深いレベルで変化
項目 幸せ・安らぎ・癒しの体感
項目 自己治癒力による修復、身体の生命力・感情・精神がより向上・安定する
項目 スピリットガイドの存在を感じる、見る、聞く
項目 ハイアーセルフ、スピリットガイドとのつながりが深まり、霊的意識が変化
項目 サイキックセンスがひらく
項目 スピリットガイドから必要なアドバイスを受け取るなどの体験
項目 サイキックセンスがひらく
項目 チャネリング、サイキックセンス活用、スピリチュアルな理解が進むためのベースが整う
項目 チャネリング、サイキックセンス、スピリチュアルな理解や洞察、スピリチュアルな体験が始まったり、より成長・前進する
項目 啓示や洞察
項目 新しい霊的成長を刺激する
項目 至福を体験する など
参加者のご感想、体験談
◆ あまりにも美しくて、その風景を見ているうちに、声を上げて泣いてしまいました(C.M.さま)
◆ メッセージは「恐れずに 進みなさい」「要らないものは 捨てなさい」でした(M.T.さま)
◆ 穏やかな感情が自分の内側から引き出されだしてとっても嬉しかったです(C.K.さま)
◆ 未来に対してワクワクに変わりました。ありがとうございました(Hさま)
◆ たとえ話があるたび、それは私のことだ!!と何度も思ってました(Sさま)
◆ 不思議な世界に導いて頂きまして、貴重な体験をさせて頂けたことに感謝しています(M.A.さま)
◆ 誰かがずっと触れ続けてくれて暖かい感覚を感じていたのが不思議()
◆ ワークショップが終わったら痛かった腕の痛みがとれていました(C.H.さま)
◆ 地球を飛び出し宇宙の光景が広がった()
◆ ためていた怒りを解放しました(M.T.さま)
◆ 初めて不思議な映像をたくさん見て涙が流れてきました(Y)
◆ 終了後、頭のモヤモヤ〜としていたのが晴れてきて、嬉しかったです(C.K.さま)
◆ 私にとっては凄い気づきでした(M.A.さま)
◆ びっくり。何かが動き出しました(K.M.さま)
◆ 頭の上でスーと清んだ風が吹いていきました・・・(M.A.さま)
◆ 先日のワーク、久し振りの感動の涙でした。ウォ〜ンウォン!と泣きたいほどでした(M.A.さま)
◆ 幸せ感と《只ここに在る》という満足感とを感じてました
◆ 一人では入れない瞑想状態に安心してどっぷり。まばゆい至福の光に満たされました(M.A.さま)
◆ 不思議なオーラにつつまれ、いやされ、許されている感覚、なつかしい感覚(Bさま)
◆ ビジョンが今までみれなかったのですが、見れる様になりました など


゜・*:.。..。.:*・゜゜・*:.。..。.:*・゜ ゜・*:.。..。.:*・゜゜・*:.。..。.:*・゜ ゜・*:.。..。.:*・゜゜・*:.。..。.:*・゜ ゜・*:.。..。.:*・゜゜・*:.。..。.:*・゜
■講座の感想・体験談のページもご覧ください

⇒セミナー体験談VOL.16
・レミさんが肩に手を置いてくれた瞬間、青い光が見えて、まさに歓喜というかいろんな感情の波が押し寄せてきて、
涙が出てきました。 歓喜と言うか、色んな感情の波が押し寄せてきて涙が出てきました 
・さっそくおためしの出来事が来ました。とにかく進まなければならないようです
・今迄に感じたことのない、なんともいえないなつかしい感覚 
・翌日の夜、怒涛のごとく涙、嗚咽が出てきました
・気持ちよく、一緒に受けた人たちの優しさに触れ、ありがたかったです

⇒セミナー体験談VOL.15
・すっと気持ちよく理解できました。全てが、うれしく楽しい時間でした。
・無になり、それはそれでよい、楽になることを学べたと思います
・体が浮いた感覚になり何とも言えない至福に入ることができました
・常に一緒にいて理解してくれていたことを感じました
・すご〜く、よかったです 

⇒セミナー体験談VOL.9

・普段味わえないようなおもしろい時間でした。
・人から言われた言葉の記憶を私への《愛》に変換出来る感じがしました。
・穏やかな感情が自分の内側から引き出されだしてとっても嬉しかったです
・未来に対してワクワクに変わりました。ありがとうございました
・たとえ話があるたび、それは私のことだ!!と何度も思ってました

⇒セミナー体験談VOL.8

・ここまでグランディングして不要なエネルギーを排出した経験は有りませんでした
・ヒーリングの際は頭を伸ばされたり、エネルギーが入ってきたりしてる感覚がしていました
・一瞬で波動が上がるという体験は、とっても目からうろこというか感動的でした
・身体がどんどん伸びて地球を包み込んでました
・自分を許すとともに、昨日痛めた腰(ギックリ腰)の痛みがなんと!楽になりました
 
ワンネス・メディテーション
■日程

<前期>4月、5月、6月、7月を予定  一般参加の方は、各回1回ごとにご参加いただけます。
<後期>9月、10月、11月、12月、2月を予定 ほぼ毎月、金曜日の開催です。

■時間

10:30〜13:00 (レクチャー&瞑想会) ランチタイム:50分ほど
13:50〜15:00 (研修生トレーニング)

■参加料

メディテーション(瞑想会)  一般参加  10000円
瞑想ファシリテーター研修生参加 18000円  9〜12ケ月(回)の参加

■場所 京葉線沿線サロンルーム
■特記

持ちもの
・筆記用具、ノート
・飲み水などをお持ちください(ペットボトルなど)

申込はこちらのフォームから
フッター
空
トップ 個人セッションメニュー REMIのおすすめ
ワンネスインスティテュートについて ご感想・体験談 エメラルドリンク
スクールプログラム・養成講座 ご予約フォーム サイトマップ
認定コースについて ご予約の前にお読みください ブログ
活動報告 スピリチュアルコラム  
   

 

このサイト内の文章、写真、イラストの無断コピー・転載を禁じます。すべての著作権はワンネスインスティテュートに帰属します © 2008-2015 ワンネスインスティテュート