カリフォルニア州で公式認可・登録されているスピリチュアルスクール ワンネスインスティテュート[東京・千葉] Spiritual School officially chartered and registered in California, US
画像代替
空 空 空 空
  ワンネスインスティテュートについて        
 
線
年間プログラム
線
年間スケジュール・講座一覧はこちら
線
ワンネス・春の集い
線
パワーストーンセラピスト養成講座レベル1
線
パワーストーンセラピスト養成講座レベル2
線
アセンションのためのヒーリング講座
線
スピリチュアルクレンジング&プロテクション
ライトワーク&ミディアムシップ講座
線
メタフィジオセラピスト養成講座
線
スピリチュアル意識とサイキック能力開発講座
線
ワンネスカウンセラー養成講座
線
プロフェッショナルのためのコンサルティング
線
アセンデッドコンシャスネス講座
線
ドリーム・インタープリテーション夢解釈
線
スピリチュアル象徴学
線
チャネリングアーティストトレーニング
線
過去世回帰療法 セラピスト養成講座
線
1DAYセミナー
線
ワンネスメディテーション Ψ
線
あなたのスピリットガイドからのメッセージ
線
1DAY◆ あなたの魂の歴史
線
1DAY◆ クレアボヤンストレーニング
線

半  日夢解釈リーディング

線
半  日前世療法グループ誘導
線
1DAY◆ クリスマス・スペシャル
線
線
  夢解釈

1DAY 前世療法グループ誘導

夢解釈

経験豊富な講師がポイントを押さえたレクチャーと誘導で多次元的自己の体験ツアーへとお連れします。
初心者の方も経験者の方も、たくさんのヒーリングと気づき、問題の解決方法やヒントをお持ち帰りいただけるでしょう。

過去世とは何か - 多次元セラピー 
なぜ過去世に興味を持ったり、初めて出会う人や場所に懐かしさや親しみを感じたり、理由のない確信をもって道案内もなく目的地に着けたり、ある言語やある技芸はほかの同様のものより習得が簡単、といったことが起こるのでしょうか。それは、あなたの魂が「過去にそのことを経験している」から。それは又「あなたが本来持つ多次元的な能力やパワーにもっと眼を開き、本質的な自己を思いだす時期ですよ。あなたはあなたが思うよりはるかに大きな存在なのです」「自身の霊性に目覚め、あなたという広大な宇宙を探求しなさい」と呼びかけているというサインなのです。

「心身の癒しとスピリチュアルな成長のために過去世に退行する必要があるか?」と聞かれれば必ずしもそうではないと思いますが、今直面していることや感じていること、パターン、ものの見方、怖れを感じる状況や対象や現象など、私たちの人生には過去世の影響を受けていることが驚くほど多いのも事実です。

霊的なことがらに興味を持つ人々の中には実に数多く(数百回)の転生を経ている人も多いのですが、魂とはそれら「数々の転生」から得た学びや経験の集合体のようなもの。私たちは、過去世から課題を持ち越していることもありますし、今回の転生で学ぶと決めてきた課題や目的を果たすために、さまざまな転生で培った経験やスキルをも組み込んで生まれてくるのです。そうして、いくつもの転生を経ながら人間として生きることを学んでいます。

過去世を知ることは、そのような意味でも、多次元的な自身の魂について理解を深め霊的に成長していくうえでもとても役立ちます。過去世を再体験すると感情や執着の原因を自ら理解し手放すことが自然にできたり、問題であったはずのことが難なくクリアできたり、問題ですらなくなってしまう、といったことがよく起こります。さらには多次元の自己を知ることで意識が拡張され、「今世という枠組みに囚われていた自分」から脱出し、スキルや能力をより発揮することができるようになり、その結果より自由になることができます。また、自分らしくいることにも、もっと安心したり心地よく感じられるようになるのです。


過去を知り、今をよりよく生きる
その過去世が本当に存在したかを現代の科学的では証明することはできません。大事なことは、その過去世のなかに逃げ込むことでも、言い訳にすることでもありません。むしろ、過去世体験を通して、自分を理解したり、癒されることで、今世という人生「いま」をフルに生きられるようになることが目的です。興味深いことに、これらが体験されると、もう「そのこと」で自分が煩わされなくなるのです。逆にいえば、私達はそれまで未消化であった転生の物語に光を当てて、癒しを得、そこから学ぶことで前進し、「過去の影に影響されて生きる」状態を脱し、自由になることができると言えるでしょう。
「より深く“いまを生きる”」ようになるのです。

ワンネスインスティテュートの過去世退行誘導
このセミナーでは、経験豊富な講師がポイントを押さえたレクチャーを行い、ご参加者を多次元的自己の体験ツアーへと誘導します。
数回(2〜3回)の過去世誘導をしていき、また疑問や体験したことについての質問にもお答えしていきますので、自分にも過去世が見られるの?と不安な方も、初めての方も、どうぞ安心してご参加ください。また、より深く広くご自身の過去世に光をあて、霊的な気づきを統合していきたい方にも、より深いレベルの体験をしていただけるでしょう。また、瞑想を進めていくとでてくるさまざまな質問や疑問にも喜んでお答えします。経験者の方も貴重な体験や学びを得られています。スピリチュアルな学びの段階を進めたい経験者の方もぜひご参加ください。
※中〜重度の精神疾患で治療中の方や、お薬を服用中の方は、ご本人の体調への配慮からご参加をお勧めできません。


準備ができた転生を体験します
ほとんどの人は、何百回と転生を繰り返して、たくさんの経験を通して成長してきた魂の存在です。過去世が何であれ、いま体験する準備ができた転生、今現在と関わりがあってそこから何らかの気づきを得るべき転生を体験していきます。逆にいうと、あなた自身が今見る準備のできていない過去世を体験することはない、といえるでしょう。ですから安心してください!
その1)あなたにも過去世があります。その2)見る準備のできた、あなたの成長にいま最も必要な過去世を見ることになります。


ポイントを押さえたレクチャーでスムーズに
過去世退行がうまくいかなくなったりブロックとなりうる「ポイント」が4つあります。その4つについてもお話していき、そのポイントを上手に回避しながら、過去世体験へとスムーズに入っていくコツをお教えします。初めての方も、たとえ1回目がぎこちなくても、2回目はそれらのポイントを実感し理解して進んでいけるので「自分にも見えた!」「自分にも体験できた!」と興奮気味におっしゃる方が多いのです。


リラックスしてオープンに

講師が誘導を始めます。リラックスし始めると、脳波がアルファ波に近づいてきます。アルファ波では、クライアント本人が、完全に意識のコントロールを持っている状態で、クライアント自身が話したり、セッションを中断することもできます。ですから「催眠術」のように、誰かによって不本意なことが起こったり何かをさせられたりするものではありません。脳波がさらにリラックスしたシータ波レベルまで行くと、夢を見たり「寝ていたような」状態になり、退行した内容を記憶していることが難しくなります。ですので、リラックスしながらも意識を保つことのできる「アルファ波」レベルで進めていきます。

過去世誘導瞑想ワークショップの体験談
S・Tさん(女性、07年11月に参加)の体験談を紹介します。(→過去のご参加者の体験談をご覧になりたい方はこちら)
「一回目はかなりまどろんで、草原に立つ自分しか感じられませんでした。「寂しい」というキーワードが浮かんできました。二回目はかなり具体的に一回目の体験の続きを見ることができました。 モンゴルの草原、冬、革の靴に フェルトの衣(民族衣装のような)を着た小さな女の子、ミーシャ。両親がおらず、祖父か祖母に育てられた遊牧民、ロバか馬が友達、寒くて貧しい暮らしだけれど暖かいスープ(肉と豆と芋)があって、幸せな生活。でも家族が亡くなり孤独になり、田舎の暮らしを捨て、都会で近代的な生活を始める。

亡くなるシーンは仕事の仲間に囲まれている、家族はいないけれど、決して寂しくはなく幸せな人生だった。そして、新しいものと古いものを融合させること、都会的なものと自然の融合が仕事のなかでも大切と感じました。また、外に新しいつながりを求めるのではなく、 いま与えられている人間関係を大切にすることかなと、気づきを与えられました。」

過去世が今世に及ぼす影響とその癒しのプロセスの実例 - ワンネスインスティテュートの過去世退行セッションより

Tさん 30代男性 <密使としての転生> 
◆Tさんはずっと、何か急いでいる、時間がない、という感じがしてきました。学生のときも、社会人になってからも、常にそのように感じてきたそうです。過去世退行では、「ヨーロッパのような風景と、武具を身に着けた男性の姿」を見ていました。現在と同じくらいの年齢で、やはり急いでいて、時間がない、と感じています。よくみてみると手に親書のような書類を持っていました。それを届けなければいけないのです。しかし、ある山中で心臓を突き刺され、たくさんの敵に囲まれて、応戦しながらも倒れてしまいました。そのとき彼には「任務を果たせなかった」という残念な気持ちと、罪悪感が残りました。次の場面では、丘の上に記念碑が見え、彼は自分が死んだのだということを理解しました。その人生での彼の死の場面の後を見ていくと、「果たせなかった」と思っていた彼の任務も、後に誰かが引き継いで、無事に果たされたことが分かったのです。そこでようやく彼には大きな安堵感が感じられたのです。「すべき仕事ができていない」という想いとどこからかやってくる焦燥感は、「なんだ、あのときちゃんと無事に任務を果たせていたんだ…」という安堵感にとって代わりました。場所はどこであると感じられますか、と聞くと「よくわからないけどモントリオール」という名前が出てきました。それはカナダの都市で、今世の親戚が住んでいるところに近い場所でした。Tさん曰く、「すべき仕事をこなせていないのでは」「とにかく急がないと...」という漠然とした不安から解放され、その日はいつになく深くよく眠れたそうです。

Kさん 30代女性 <アドバイザーとしての転生>
◆Kさんは、仕事を公に発表しようとすると、どうしても気が重くなって先に進めなくなっていました。ある転生を見ていくと、当時住んでいた国で、将来の方針を決めるための会議が開かれていました。その人は、起こりうる未来の出来事をビジョンで見たり、助言するアドバイザーの立場でした。その会議でビジョンを通して彼が語る国の未来は、そのままゆくと国そのものが壊滅する可能性があるというものでした。その会議は騒然とした雰囲気に包まれました。そのような未来に突き進んでいかないために一丸となって賢明な処置をとるべきである、というKさんの助言は無視されました。「その情報はかえって国を混乱させ、広まれば人心を支配をできなくなる」と恐れ慌てたリーダーたち5人はKさんを捕え、口封じのために喉にくさびのようなものを打ち込んで殺してしまいました。セッションでKさんは、喉に深々とくさびが突き刺さり、床にはりつけられて動けないというリアルな体感覚を感じた後、10分とたたないうちにその転生での命が終わり天に引き上げられたビジョンを見ていました。傍らに天使やガイドが現れ、充分に癒されたのちKさんは天使たちから「あなたは目(ビジョン)を取り戻した」「あなたは声(言葉)を取り戻した」と告げられました。その転生での経験は癒され、理解され、セッションは終了。その後、それまで気が重くなって前に進むことができずにいたわだかまりがとれ、「わけのわからない不安」からも解かれて心が軽くなったKさんは、自信を持って仕事を発表できるようになりました。

Yさん 40代男性 <ある惑星の大爆発を経験した転生>
◆”見ることに対するブロックが何なのかを知りたい”というYさんの例です。セッションが始まると、Yさんの眼前に宇宙が見え始めました。そして恐怖を感じ始め「皆死んでしまう」という強い恐怖に包まれていきました。「皆死んでしまう・・・怖い!」と言った瞬間、彼の頭の周りのエネルギーが爆発したような衝撃が起こりました(実際の今世の肉体の頭のまわりのエネルギー解放)。彼が見た次の場面は、惑星に隕石が衝突し、「惑星や肉体はこっぱみじんになって何も見えない」「皆いなくなってしまった」ところでした。明らかにその体験はトラウマとなり、大きなショックを感じていたようです。そこでYさんに、「今見ているのと同じ景色を、意識をずらして、一つ上の四次元の意識で見てください。何が見えますか」と誘導し、引き続きそこにとどまって状況を観察してもらいました。すると「あっ...皆楽しそうに生きていて笑っているのが見えます!皆、生きてた!」。Yさんは心底ほっとした声で言いました。その後銀河系を越えて、根源の光のような「まばゆい」場所まで行ってきたそうです。「もうこれ以上なにもいらないくらいの幸せを感じたあと、戻ってきました」。そんな展開を予想も期待もしていなかったYさん自身が「いやぁ...まさかあんなことがあったなんて...」と体験した「過去世」に驚いていました。このセッションは、Yさんに「見る角度、意識の次元が変われば、見えてくるものも変わる」ことを、これ以上ないほど鮮烈に教えてくれました。過去世におけるトラウマは転じて、今世における「大きな霊的気づき」となりました。


過去世から得た気づきを今世に統合する
何であれ、過去世で体験したことから何らかの気づきを得たり、理解が進んだり、癒しや開放感、成長を得たなら・・・あなたの過去世退行は「よくやった!大成功!」です。魂が永遠の存在で、記憶にアクセスできること、体験の内容にかかわらず「多次元の魂の可能性」に触れようと試みたことそのものそのような変化を選択したご自身を、大いに褒めてあげましょう!このような体験が、霊的変化や意識の変容の大きなきっかけとなります。

過去世の経験は、「過去」「現在」「未来」のあなたに、いろいろな意味で影響を及ぼし変容を促します。無意識、意識的にも、あなたはセッション前とは別の人物...と言えるほどエネルギーは大きく変化し、さらなる霊的な成長、意識の変容への一歩を踏み出しているのです。過去世から得たものを、今世の人生で、そして今体験している状況に、活かしていきましょう。

気づきや新たなモチベーションや気づきを得たあなたは、さらなる自己の多次元性に触れたい、知りたい、理解したい...と思うようになるもしれません。
霊的探求に終わりはありません。心ゆくまで、今世という旅を楽しんでください。”時を縦横無尽に旅できることを知る”なんて、今世のあなたはものすごい意識のシフトを体験しているのですのですから。

ぜひ、リラックスしてオープンに、多次元の自己への扉を、開きにいらしてくださいね!

 
過去世退行セッション グループ誘導
■日程

2012年7月21日(土)

■時間 10:30〜15:30
■受講料 12000円
■場所 京葉線沿線サロンルーム 
※ご予約完了の方に当日のアクセスと連絡先をご案内いたします。
■持物

・ランチ、飲み物(自動販売機、お湯、お茶のご用意があります)
・薄手の敷物(横になってワークする場合があります)
・筆記用具、ノート

申込はこちらのフォームから
フッター
空
トップ 個人セッションメニュー REMIのおすすめ
ワンネスインスティテュートについて ご感想・体験談 エメラルドリンク
スクールプログラム・養成講座 ご予約フォーム サイトマップ
認定コースについて ご予約の前にお読みください ブログ
活動報告 スピリチュアルコラム  
   

 

このサイト内の文章、写真、イラストの無断コピー・転載を禁じます。すべての著作権はワンネスインスティテュートに帰属します © 2008-2015 ワンネスインスティテュート